MENU
※当ブログはプロモーション記事が含まれます。※

ついに発売!そして公開!!「劇場版 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
浅田

待っていたぜェ……
この瞬間(トキ)をよォ!!

待っていた証拠

CONTENTS

今回読んだ作品:「劇場版 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

あらすじ

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナを待ち受ける破滅の未来を回避し、

無事に魔法学園を卒業した私。魔法省への入省を控えた頃、

王都に遠い異国からの使者と商隊が訪れる。

お城で見つけた黒いひよこをつれて異国のショーを観に行った私は、

そこで不思議な少年と出会う。

どこか見覚えのある彼は、何やら訳ありのようで……!?

エキゾチックな少年との出会いは新たな破滅の予感!?

大人気★悪役令嬢の破滅回避ラブコメディ。

劇場版アニメ原作ノベルが登場!! 

※電子版はショートストーリー付。

商品説明文より引用

主要人物

カタリナ

この物語の主人公兼乙女ゲームの悪役令嬢。

破滅回避の為アレコレしていたら周囲に慕われるようになった。

(しかし本人は鈍感……感度3000倍になれよ!!)

所持スキル「人誑し」は今日もフルスロットルである。

アーキル

カタリナたちの住む国からはるかに遠い国からやってきた

商隊のメンバー。しかしその正体は……。

動物と意思疎通ができる能力を持っている。

ピヨ

カタリナが今回出会った動物。

鳥の姿をしている。

アーキルに懐いている。

重要キャラであることがバレバレである。

今回のキーワード

  • アーキルの設定(立ち位置)ってそういう……
  • ほんっまにこういう展開好きやな!!!

簡潔な感想

ストーリー(いつも通りの展開だったから)
読みやすさ(相変わらずだったので)
キャラ(現時点では普通かも)
総合評価(劇場版で補完しようと思います)

安定の人誑し!!!

お決まりの

「自分をこんな気持ちにさせるカタリナ……お前は一体……」

展開に

「あ~~~~これだよこれ!!」

「帰ってきたって感じ!!」

と安心しました。

ただやはりというか何というか、

何か物足りない感はあった。

あらすじにある「新たな破滅」

思っていたのと異なってたのでモヤモヤしました。

いやあこればかりは浅田が変だったのもあるのですけれども。

まだ映画を見に行けてないので、

「映画はきっとものすごいボリュームで来てくれるはず!」

と期待しておくことにします。

あと注意ってほどでもないしあらすじにも書いているけど、

この劇場版の時間軸は「学園卒業後」。

まだ魔法省に入っていません。

そりゃああんなぐだぐだしたノリになってる時の話

劇場版ではやれないよねっていう。

まだ魔法省メンバーのビジュアルも出ていないのにね。

キーワード1:アーキルの設定(立ち位置)ってそういう……

今回の主要人物もといゲストキャラ:アーキル。

異国の商隊のメンバー……ということですが、

案の定正体は異国の王子様でしたと。

原作に出てきたセザール王子と何か似てない?とは思いました。

異国の王子様で、カタリナと最初に会った際身分を隠していた所が。

彼も乙女ゲームの攻略キャラなのかな?

でも属性がセザール王子と被ってしまうよ?

続編でも厳しくないかそれ??

……という心配をしていました。

いざ真相を確かめるべく本編を読んだ浅田。

何と彼、

「同じ会社から出た乙女ゲームの攻略キャラ」だった。

えーーーー!?それ大丈夫なんですか!?

某Gクレストで例えるならば

「夢100」の世界に「アカセカ」の攻略キャラがトリップしてきて

夢100の主人公と深い関係になる

ってことじゃないですか!!

(ゆめくろは夢100と世界観がリンクしてる感じなのであえてアカセカに)

いくらカタリナが乙女ゲームの主人公ではなく悪役令嬢だとしても

これは大丈夫なものか……。

色々ねじれたりこじれたりしない???

悪ラスみたいな「シリーズ歴代のラスボスと交流」って展開なら

まあまあ許容範囲内ではあるが。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥682 (2024/07/10 05:11時点 | 楽天市場調べ)
浅田

カタリナがモノローグで乙女ゲームのライター批判してて草生えた。
ライターを思いっきりクソとか批判してるの
型月やlightやニトロやKey以外でもあるんやね。

キーワード2:ほんっまにこういう展開好きやな!!!

事件解決後、アーキルとカタリナの別れの時。

アーキルは彼女に「俺のラーニャムー」と言います。

「いつかまたきっと…………俺のラーニャムー」

と言って私の手の甲に口づけを落とした。

えっ、『ラーニャムー』って前に聞いた。確か、意味はメロメロと同じような。

『ムトラクで愛している愛しいという意味の言葉だ』

アーキルの言葉を思い出すと、顔にがっと熱が上がった。

本文より引用

………。

ほんっっっまにオタクこういう展開好きやな!!!!!!

(主語デカい系問題発言)

FGOのトラロック(テノチティトラン)の

「我が愛しきトラマカスキ(神官)」みたいな

「現地(出身地)の言葉で『大切な人』を指す言葉」

投げかけて読者を高揚させるみたいな奴!!!!

いや悪いとは言わないんよ……。

言わないんよ……。(エコー)

浅田

乙女ゲームにもよくある展開だと思うので、
これにツッコミ入れたら負けだと思ってしまいましたね。

最後に

劇場版垢に観終わった人たちが

「良かった!」「面白かった!」

というリプを投げていましたので、

面白くなることを期待しながら

来週見に行こうと思います。

浅田

なぜ来週か?
……平日割引を使うからです。

今回は以上です。

ありがとうございました。

映画を見る前に読まれてみては?

こちらの作品もおすすめ

楽天Kobo電子書籍ストア
¥682 (2024/07/10 05:11時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS